いすずブログ

2017.08.29更新

 

こんにちは、草加いすず歯科クリニックですnyanglitter

 

今日は歯の変色でも

タバコやワイン・コーヒーなどのステインが原因ではない

歯の着色のお話しを少ししたいと思います。

 

たまに、歯の変色が気になり来院される方で

子供のころの抗生物質の服用が原因の変色の方がいらっしゃいます。

 

永久歯の形成期である出生直後から8歳頃までに

テトラサイクリン系の抗生物質を多量に投与された場合、

歯の着色、歯のエナメル質の形成不全、

胎児や小児に一過性の骨発育不全などを起こすことがあるとされています。

 

変色した歯によく見られるのは

よく見られる色のタイプとしては、グレー系統、イエロー系統からブラウン系統に分かれます。

また左右対称に縞(しま)模様が見られる事が多いです。

 

このような変色は普通のクリーニングでは

着色を落とす事が出来ません。

なので先生と相談してどのような治療をしていくか

相談が必要になります。

 

草加いすず歯科でも変色によるご相談承っておりますので

お気軽にご連絡ください。

 

草加いすず歯科クリニック

投稿者: 草加いすず歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、草加いすず歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:048-950-8867
24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
sp_bn01.png WEB予約
BLOG 歯医者ガイド
caloo エキテン デンターネット
当院が紹介されました!
TEL:048-950-8867 WEB予約