いすずブログ

2018.01.16更新

こんにちは草加いすず歯科クリニックですglitter

 

今日はあまり知られていない酸蝕症についてお話ししたいと思いますenbibibi

 

虫歯や歯周病に続いて歯を失う原因の一つでもある酸蝕症。

酸性が強いものを食べたり飲んだりすることによって歯が溶けだしてしまうリスクがあります。

 

歯科の中では脱灰といいますが、歯のエナメル質からリン酸カルシウムの結晶が溶け出してしまうことです。
こういう症状を酸蝕症といいますが非常にゆっくりと進行するため、これまでは大人になってからなるものだと思われてきました。

しかし、子どもの食生活環境が変わったことなどから、大人だけでなく、子どものうちから酸蝕症になってしまう例が起き始めいていると言われています。

 

どんな飲み物食べ物に気を付ければよいか?

飲み物でいうと、炭酸飲料や果汁飲料はなどの酸性の強い飲み物です。健康に良いと言われている黒酢なども酢の酸性が入っているので日頃からのまれる方は注意が必要です。

食べ物でいうと柑橘系の果物が当てはまります。

 

どちらも口にすることが多い食品なので、食べ方に気を付けましょう。

飲み物も食べ物もいつまでも口に含むのはさけ短い時間で食べるようにしましょう。

 

いままでの食生活で酸蝕症が気になる方は歯科検診などで先生に聞いてみるのもいいいですね

 

 

草加いすず歯科クリニック

 

 

投稿者: 草加いすず歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、草加いすず歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:048-950-8867
24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
sp_bn01.png WEB予約
BLOG ぐり茶の五十鈴園 歯医者ガイド
caloo エキテン デンターネット
TEL:048-950-8867 WEB予約