いすずブログ

2018.02.07更新

こんにちは草加いすず歯科クリニックですleaf

 

当院では月に一度歯科矯正の無料相談を行っていますが、どんな症状の場合に矯正が必要になってくるのか

少しお話ししたいと思います。

 

受け口(反対咬合

受け口とは反対咬合と呼ばれ、上の歯よりも下の歯が前にでてしまっている症状です。顎の成長段階で治療すれば治療期間も短縮することが出来ます。

 

開口

開口とは前歯の噛み合わせが出来ず奥歯のみが神合わさっている状態のことを言います。

開口になる原因として舌で前歯を押す癖があるのでその癖も早期から治す必要があります。

 

出っ歯

上顎が狭く前歯がうまく並び蔵ないときに、前歯が前にでて二番目の歯が奥に入ってしまうケースが多く、顎の成長が止まる前に上顎のスペースを広げる必要があります。

 

永久歯の向きの異常

乳歯が抜ける前に脇から生えてきてしまったり、変な方向に生えてきてしまうケースがあります。一部の永久歯の並びが悪いと全体にも影響を及ぼしてしまう為、早期の治療が必要になります。

 

このように歯科矯正が必要なケースは様々になりますが、専門の診断が必要になりますので

しっかり矯正の先生と相談して治療してもらうようにしましょう。

 

草加いすず歯科クリニックでは、毎月第4日曜日に無料で歯科矯正の相談をしています、予約制になりますので、お気軽にご相談くださいね!

 

草加いすず歯科クリニック

投稿者: 草加いすず歯科医院

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、草加いすず歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:048-950-8867
24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
sp_bn01.png WEB予約
BLOG ぐり茶の五十鈴園 歯医者ガイド
caloo エキテン デンターネット
当院が紹介されました!
TEL:048-950-8867 WEB予約