歯を失った方

歯を失ったときは?

できるだけ保険診療内での
高品質な治療をご提案します。

歯を失ったときの治療法としては、入れ歯(取り外し式の義歯)、ブリッジ、インプラント(固定式の義歯)のいずれかを選択される方がほとんどですが、これらはどれも“道具”です。“道具”は、その特性にあった使い方をしなければなりませんし、患者さまのライフスタイルや好みによって、その方にとっての最適な“道具”は異なります。

いずれにもメリット・デメリットがありますし、長く使う“道具”だからこそ、できるだけ高品質なものを身につけたいものです。

当クリニックでは、基本的に保険診療内での治療方法をご提案しております。だからといって、“道具”の質に妥協はしておりません。仮歯や被せ物を、私自ら手で削り出すことができるため、本来であればそこにかかる費用を、特殊性シリコンなど、高品質な“材料”“道具”にあてています。

あらゆるニーズにお応えできる、さまざまな治療法を揃えております。あなたにぴったりの“道具”を高品質な材料で、そんな治療をご提案します。

各治療のメリット・デメリット

入れ歯(取り外し式の義歯)

歯に金属のバネを引っ掛けて固定する「部分入れ歯」と、土台で歯肉全体を覆って装着する「総入れ歯」があります。

メリット
  • ブリッジでは適応できない大きな欠損も補える
  • 残っている歯への負担が少ない
    ※バネ装着による歯への負担は多少あります
デメリット
  • 食べ物のカスが挟まって、口腔内が不衛生になりやすい
  • 装着したときの違和感を覚えやすい
  • 噛む力が衰える
  • 毎日のケアが必要

ブリッジ

失った歯の両隣にある歯を土台にして、そこにブリッジ(橋)状の人工歯冠をかぶせて固定する方法です。

メリット
  • 装着したときの違和感があまりない
  • 見た目がきれい
デメリット
  • たとえ健康であっても、土台として両隣の歯を削らなくてはならない
    ※土台になる歯に大きな負荷がかかります
  • 食べ物のカスが詰まり、口腔内が不衛生になりやすい
  • 空気がもれるため、発音が困難になる場合がある

インプラント(固定式の義歯)

※保険適用外
歯骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで結合させ、その上に人工歯を固定する方法です。

メリット
  • しっかりと噛むことができる
  • 見た目がきれい
  • 残った歯を傷つけない
デメリット
  • 保険診療外のため、費用が高額
  • 外科手術が必要で、治療期間が長い
  • 定期検診と毎日のケアが必要

保険と自費の違い

入れ歯とブリッジについては、保険が適用される素材を使用する場合はその保険点数内で。
ただし、使用する材料によっては保険適用外の自由診療になることがあるため、その場合は高額になる可能性があります。
インプラントは、もともと保険適用外のため自由診療です。手術の難易度やインプラントの埋入本数に応じて、必要な費用が算定されます。

それぞれの患者さまの症状やご希望に合わせて、治療法をご提案させていただいております。各治療法にかかる費用や日数についても、わかりやすくご説明いたします。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、草加いすず歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL:048-950-8867
24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
sp_bn01.png WEB予約
BLOG 歯医者ガイド
caloo エキテン デンターネット
当院が紹介されました!
TEL:048-950-8867 WEB予約